こんにちは。

今日は風がスゴク強くて、お店の旗はバッサバッサいってるし

看板は倒されるしと外が騒がしい1日でしたが、平日の店内は

ゆっくりとした時間が流れておりますので、気軽にお越しください。

 

さて3連休はモデルハウスとお店での同時開催のイベントでしたが、

お店の方は毎月第3週目の土日にイベントを開催しております。

ワークショップやSALEや作家さんに協力して頂いての作品販売など

色々と企画し皆様に協力してもらいながら開催させて頂いております。

その中で宮崎で活動しているクリエーターさん、作家さんの作品展示は

初めて見るものがあったり、宮崎で色々と製作されている方がいらっしゃる

のを知ったりして、皆さんスゴク興味をもって見られています。

私自身も初めて知ることが多く、いつもワクワクしながら作家さんの作品を

見させていただいております。

 

そこで今回は先日のイベントで知った皆内さんがつくられている【裂き織り】に

ついてご紹介しようと思います。

IMG_2371 IMG_2372

裂き織りとは、たて糸は普通の糸、よこ糸代わりに細くひも状に裂いた布を織り込む織物の

事をいいます。

その起源は江戸時代中期、寒冷な気候のため綿や絹等の繊維製品が貴重だった

東北地方で作られ始めたらしいです。

当時は日常生活に用いる衣類や布団などの布を、主に大麻の葉を裂いて細く繊維状にし、紙縒り

のようにして織り上げ、これらが裂織の起源とされています。

近年その独特の風合いや芸術的側面に光を当て、創作活動として裂織を見直す動きがあり、

素材は必ずしも古布とは限らず、布の染め方や裂き方などに多くの工夫を凝らして複雑なデザイン

も作られているそうです。

今回展示して頂いた皆内さんの作品は着物を使い織りなおしているそうです。しかも手作業で編んで

いるそうなので、すっごく作るのに手間がかかっているそうです。

そんな皆内さんの作品をドドッっと見て行きましょう。

IMG_2405 IMG_2404 IMG_2403 IMG_2402 IMG_2401 IMG_2400 IMG_2399 IMG_2398 IMG_2397 IMG_2396 IMG_2391 IMG_2389 IMG_2388 IMG_2387 IMG_2386 IMG_2382 IMG_2379 IMG_2376

マフラーから帽子、洋服、ティーマットにバッグまで色々な作品があります。

裂き織り独特の質感というか雰囲気や、多彩な色を使っていることで

一つ一つの作品がスゴク印象深い仕上がりになっています。

お店の展示は終わってしまいましたが、ご厚意でティーマットをお店のディスプレイに

させて頂きました。

こちらもシックなカラーながら温かみのある作品になっていますので、気になる

方は是非見に来てください。

 

また来月も作家さんの作品展示の予定ですので、ぜひぜひ宮崎で活躍されている

方の作品をチェックしてみて下さい。